FC2ブログ
    topimage

    2019-09

    ミズナラのベンチ - 2019.03.23 Sat



    三月に入って一度急に暖かくなり、もう一気に春爛漫かな、、、
    くらいに感じたのですが、やっぱり三寒四温、寒の戻りにまた、
    余計に寒がってたりしております。

    一年通して頻発した腰痛に苦しんだり、秋は検診に引っかかって
    精密検査を受けたりもして、健康面での不安が絶えなかった2018年
    でしたが、「年明けからは調子が戻るよ、旧暦のお正月を過ぎれば
    もう、絶好調期に入るから!」と気学で運勢を観る友人の励まし通り、
    うんうん、なんかいい感じに気持ちも上がってきて、ボチボチと
    全開モードになりつつある2019、3月半ば。(良いことは素直に信じて自分を
    その気にさせる…)
    ブログ、久々の更新ですねー。読んでくださってる皆さまほんとすみませんでした。

    さて、今年も秋以降に伐られた地元の広葉樹を回収する作業を
    続けています。
    昨年手に入れたエンジンロープウィンチを駆使しての作業にも
    だいぶんと慣れて、結構な難所からいろんな木を出しています。
    ざっとあげれば、ハンノキ、エノキ、ホウノキ、ヤマザクラ、
    タブノキ、クロガネモチ、、、
    ローカルウッド仲間の手を借りてのフィールドワーク、製材風景、
    皮むき、桟積み、の様子もまた紹介していきますが、今日は
    先日納品をさせていただいたばかりのベンチをご紹介します!って
    ことで、いやいや、なんて長い前置きなんでしょう(笑)


    20190323083858426.jpeg

    後ろ姿が気に入っていますので、こちらを先ずは。

    20190323083859f81.jpeg
    w1150 × sh380 × d700 水楢 拭き漆仕上

    地元材の話題から前置きしての、北海道産ミズナラのベンチ、という、、、
    でもいい木でした。10年以上前に丸太で買って挽いた板材一枚から、
    座面、背もたれ、脚の全パーツを取りました。

    木目が繊細で変化に富む、年輪の細かい寒冷地の環孔材ですが、
    糟目(ヌカメ)と呼ばれる細か過ぎるものになると、強度的に粘りが
    無くて椅子やベンチを作るには不安が出てきます。まぁ作れないわけじゃなくて
    デザインが制約されるということですけど。

    このミズナラはその辺がちょうど良い頃加減でした。
    かつては大量に輸出され、世界的評価があった道産水楢はやはり素晴らしい木だと
    改めて感じたのでした。
    でも次はこのベンチをローカルウッドのコナラやタブノキやヤマザクラで
    やっぱり作ってみたいんですよね。


    スポンサーサイト



    ● COMMENT ●


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:

    http://newforest4160.blog.fc2.com/tb.php/200-f92841dc
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    コーヒーさとうさんのエントランス建具 «  | BLOG TOP |  » 2019明けましておめでとうございます!

    プロフィール

    Yoichiro Yuda

    Author:Yoichiro Yuda
    家具工房NEW FOREST
    木工職 油田陽一朗
    〒514-2104
    三重県津市美里町家所4324
    TEL/FAX:059-279-3887

    カテゴリ

    家具工房NEW FORESTについて (1)
    作品の紹介 (0)
    テーブル (16)
    椅子 スツール (14)
    ベンチ (4)
    ワークデスク (2)
    キャビネット チェスト (10)
    TVボード (2)
    シェルフ (3)
    ベッド (1)
    その他 小物 (7)
    製作雑記 (56)
    四方山Essay (22)
    イベント (32)
    Volvox (17)
    未分類 (0)
    プロジェクト (1)

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2カウンター

    QRコード

    QR