topimage

    2017-11

    山登り - 2017.06.27 Tue


    昨年暮れから続いている痺れを治すべく、
    六月初旬に左手の手術を受けて以来、
    目下のところ製作をしばらく休んでます。

    図面を書いたり、本を読んだり、端材の整理をしたり、デスクの資料を片付けたり、、、

    どうにも体が鈍ってきた頃にやっと糸を抜いてもらって、
    傷口ももう大丈夫になったので、思い切って旅に出ることに。




    20170627051038265.jpg

    ローカル鉄道を使っての、のんびり列車の旅なんて本当に超久し振りのことです。


    201706270510407dd.jpg

    兵庫県から鳥取県へ、穏やかな初夏の日本海を眺めて着いたところは
    初めての鳥取県鳥取市。

    鳥取民藝美術館でバーナードリーチの鳥取での足跡を辿る。
    この美術館を作った郷土の偉人吉田璋也との交友など。
    日本の自然と人間の暮らしを愛した先人たち。



    20170627051042d24.jpg

    鳥取民藝美術館、たくみ工芸店、たくみ割烹店、と並びます。


    201706270510432c7.jpg

    知らない街をひとりぶらぶらするのは本当に楽しい。
    自分の日常を離れて、せっかくだから思い切り開放感に浸る。


    2017062705104459c.jpg

    近くにいる友人が車で拾いに来てくれて、一緒に大山へ向かう。
    兵庫の山村に移住してこれからの暮らしを模索している友人。
    その楽しく真剣な実践のあれこれを聞きながら。


    2017062705113103b.jpg

    偉大な大山の広大な裾野に広がる、美しい森を抜けていく。
    この辺りは欅や楢、松、杉の植林などの二次林。
    ブナ原生林はまだまだ先。とても楽しみ。


    20170627051133ae2.jpg

    人間の営みもある。広々して寛大な大山の自然の中に。

    20170627051134666.jpg

    車を降りて歩く。
    標高600メートルくらいの沢に出て頂上を望む。


    20170627051138443.jpg

    ブナ原生林。
    数としては知らない木のほうがずっと多いが、
    ミズナラ、カエデ、ハンノキ、カツラ、杉など木工素材として馴染み深い木が
    姿も大きくてやっぱり目が行く。一本一本の存在感と全体の調和。
    素晴らし過ぎて胸が一杯になる。
    高度が上がるにつれブナの割合が増える。ナラはいなくなって、カエデが時々。


    20170627051138d0a.jpg

    登山道が急峻になり遠景が見え始める。


    20170627051349494.jpg

    下界という言葉が浮かぶ。ここは天上。


    201706270513509c0.jpg

    下で見上げていた北壁も間近に。


    2017062705135281a.jpg

    3時間半で最初の頂に到着。標高1,709メートル。
    この先の尾根縦走は危険が大きくて禁止されている。


    20170627051353c0a.jpg

    ずっといたい気持ちになるけど、ここはイノシシもシカも人間も暮らせない場所。
    鳥たちの声を聴きながら、1時間ほどゆっくり過ごし、下山。
    ありがとうございました。また来させてください。


    201706270513542fc.jpg

    山里の朝。
    人が自然とともに暮らすことを思い出させてくれる場所。
    思い出して、そしてそれを実践することは、都会にいては出来ないし、
    山村に住むだけで出来るというものでも最早ない。どこまでするか、どこまで
    今の生活から、社会から離れるか。離れながらどう繋がって、何を届けられるのか。
    都会の自然志向の欺瞞が見え隠れする自分は中途半端だなと思う。
    普通にしていたら流されて分からなくなってしまう、気がつかないうちに。
    人間もその社会もきっと普通に考えている以上に狂っている。
    何をどうしたらいいのか。今やろうとしていることの中にあるもの。嘘か最善か。
    少なくともそれが見える場所までは戻らなけりゃ本当にもう危ないんだろうと思う。
    でも、(だから?)家具を作ってそれで出来ること、それはまだあるとは思っている。
    もちろんくだらない失敗に流れてしまうことも簡単に起きると。それくらいに
    思ってやらなければいけないと。


    20170627051624c46.jpg

    奈良オーガニックマーケット。
    出店中の友人木工家の展示。美しい木の道具たち。


    20170627051627e6d.jpg

    都会の人間の暮らし。

    それに愛おしさを感じているから、自分は家具を作るのだということも。







    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    いつもの暮らしから離れてみると、
    新しい気づき、振り返り、再確認…できますね。

    時々、そんな時間が必要ですね。まあこんなものかな…と流されて行ってしまわないように。

    …大山はスキーのイメージしかなかったのですが、みどりの季節の大山もいいですね♪いつか行ってみたいです(^^)

    ピコさん、コメントありがとうございます。
    なかなか余裕のない日常で、自分の中に貯めっぱなしだったものが、クリアーに見えた気がしてます。ほんと、時々はこういう時間が必要だと改めて思いました。
    大山の原生林はとっても素晴らしかったです。また行きたいなと思ってます、やっぱり緑の大山に。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:

    http://newforest4160.blog.fc2.com/tb.php/177-cdadb1f0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    平和元年 «  | BLOG TOP |  » 花森安治さんの言葉

    プロフィール

    Yoichiro Yuda

    Author:Yoichiro Yuda
    家具工房NEW FOREST
    木工職 油田陽一朗
    〒514-2104
    三重県津市美里町家所4324
    TEL/FAX:059-279-3887

    カテゴリ

    家具工房NEW FORESTについて (1)
    作品の紹介 (0)
    テーブル (14)
    椅子 スツール (12)
    ベンチ (3)
    ワークデスク (2)
    キャビネット チェスト (7)
    TVボード (2)
    シェルフ (3)
    ベッド (1)
    その他 小物 (6)
    製作雑記 (52)
    四方山Essay (17)
    イベント (28)
    Volvox (17)
    未分類 (0)
    プロジェクト (1)

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2カウンター

    QRコード

    QR