topimage

    2018-02

    栓とケンポナシの食器入れ - 2018.02.14 Wed



    食器棚と言うと普通は高さ1600〜2000ミリくらいで
    上下2段になってたりするもののことだけど、これは
    食器棚を作ってという注文だったから比較的かなりの小型ですが
    食器棚と呼んでます、自分も注文主さんも。

    でも3人家族でこれくらいのサイズに納まるくらいのモノで暮らす
    くらいで丁度いい、、という感じもするね。
    必要以上のモノを買わない、持たない、、、
    人類がこの地球で生き延びるために、
    取り敢えず何をおいても、先ずはそれは必須じゃないかな。

    201802140844344bb.jpeg

    ここしばらく箱物は板差し(イタザシ)で作っていたので久し振りな感じの框組み(カマチグミ)。
    フレーム構造に薄い板をはめ込んで躯体が立ち上がる框組みの箱物
    が組み上がった時は、在来工法の木造建築で言う建前(タテマエ)で家の
    カタチが出来上がる時の感動と同種のものがあり、板ざしとはまた違う
    達成感みたいなものがあるなとやってみるといつも思う。

    今回のこの小さな食器棚の材料は、フレームがケンポナシで、
    天板とサイドの羽目板(ハメイタ)、そして引き出しの前板と
    扉の枠を栓で作りました。あと、引き出しの中と本体背板と中の棚板には
    檜を使ってあるので、全部で3種類の木で出来ているということです。

    こうやって一つの家具にいくつかの樹種を組み合わせて作ることは、
    個人の工房作家の家具では時々見かけるけど、どちらかというと
    少数派かもしれない。差し色にほんの少し別の木を使うことはよくあっても、
    大きな構成材を異樹種混成で作るというのは。
    以前他の木工作家とそれについて話してる時にも、その彼は、
    「自分は有り得ない」と言っていた。そう、人によって
    好みが分かれるところなんだろうな。

    木は一つ一つ違うので、同じ樹種でもいろんな色や木目など
    その表情は変化に富んでいて、そこが木という素材の面白いところ。
    だから、素材で遊ぶことがエスカレートして、違う樹種混成でやる
    というようになるのは、特別変わった試みでもないのだけど、
    上手くやらないとちょっとゲテモノっぽくなってしまうし、
    綺麗な調和を品良く表現するのは、それなりにセンスを
    働かせてやらないと良い作品にならないという気がしてる。
    で、僕は好きなんですね、混ぜて作るの。始めた頃からよくやって
    きてるから、きっととても好きなんだと自分でよく思います。

    それと目下鋭意取り組み中の、地元材の家具作りにおいては、
    この異樹種混成家具は、なかなか都合がいい、ということがありますね。
    今の所地元の広葉樹はいわゆる商業流通が殆ど無くて、
    使おうと思ったら、一本一本自分で調達することになり、必ずしも
    いつも同じ樹種の木が豊富にストック出来ないことになるので、
    有る木を混ぜて使えば解決!となるし、そうやっていくつかの木を組み合わせて
    出来た家具って、いろんな木がある雑木林を散歩するような
    楽しさがあるんじゃないかって、僕は思ってるんだけどね。

    というわけで、せっせと地元材の丸太を集めるこの頃。
    伐って捨てられるのをもらったり、自分で伐り出したりして、
    製材所で板に挽いて、桟積みして乾かして、、、となかなか手間暇かかるし、
    丸太から家具材に乾くのには3〜5年くらいかかる、時間的にも
    悠長なことにはなるんだけど、まぁ本来それはそういうものなんだから
    ね、木で家具を作るってことは。

    20180214084433f4b.jpeg

    森の中で伐って引きずり出して、、、

    20180214084434cd0.jpeg

    土や砂をよく洗い落として製材所へ。

    20180214102353959.jpeg

    製材して、、、

    20180214102355415.jpeg

    桟積みして3〜5年乾かす。

    20180214084430ead.jpeg

    やっと削って加工して組み立てて、、家具の完成。

    今でも家具が出来上がる度に、この子は木から生まれてきたってことを
    いつもとても感じるんですよね。










    スポンサーサイト

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    プロフィール

    Yoichiro Yuda

    Author:Yoichiro Yuda
    家具工房NEW FOREST
    木工職 油田陽一朗
    〒514-2104
    三重県津市美里町家所4324
    TEL/FAX:059-279-3887

    カテゴリ

    家具工房NEW FORESTについて (1)
    作品の紹介 (0)
    テーブル (14)
    椅子 スツール (12)
    ベンチ (3)
    ワークデスク (2)
    キャビネット チェスト (7)
    TVボード (2)
    シェルフ (3)
    ベッド (1)
    その他 小物 (6)
    製作雑記 (55)
    四方山Essay (19)
    イベント (30)
    Volvox (17)
    未分類 (0)
    プロジェクト (1)

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2カウンター

    QRコード

    QR