topimage

    2017-10

    選挙 - 2017.10.16 Mon

    10月も後半に入りましたがずっとお天気優れず今週も雨続きの予報。
    木工にとってこれ本当に具合悪いんですよね、、、
    はぎ合わせや組み立てはまず出来ず、あれこれ段取りが狂ってしまいます。

    ってなわけで(?)選挙戦ニュースや動画をついつい観てしまいます。
    理念もなく政局ばかりの政治が続いて久しい中、
    ギリギリながら旗を上げた立憲民主党の登場は久しぶりにちょっとした爽快感。

    健全な資本主義社会の元で庶民が穏やかに暮らす社会を! と説いている
    枝野さん。うん、好感度高いです。
    保守派 (というか国粋主義者的なイメージだった?) 小林よしのり氏まで応援演説に登壇して、
    ワシは保守だが保守とリベラルは相反するものではない、安倍政権は保守じゃなくて
    単なる対米従属集団だ、などなど面白い演説していたけど。

    確かにこのリベラルの結集と言われる立憲民主党の主張って、戦後の日本社会を築いてきた
    かつての自民党政権下の政治理念に対して保守的なスタンスになっているわけで、
    小泉政権以来の新自由主義や安倍政権の軍事的覇権あこがれ主義こそ、その
    破壊者とも言えるわけで、もう保守とリベラルってレッテルは
    要らないというか邪魔なものだという気がしてきます。

    そしてこの選挙でまたあれこれ考えるにつけ、本当に意識を向けていなくてはいけないのは、
    政治がこれからの社会をどう作り、国民がそこでどう幸せな人生を見出すか、について
    そのクオリティを決めるのは結局僕たち一人ひとりの生き方、暮らし方においての
    ちょっとしたひとつずつの選択なんだということなんじゃないかと、
    やっぱりそう思うわけですね、僕は (もぅ、同じことばっかり言ってますね、いつも。ほぼ思考停止…^^; )。

    そういえば先日は久々に都会に出かけることがあったけど、
    人、人、人、、、人ばっかり見てました。

    週末の大都会の繁華街。
    普段は数人の友人とあとはサルとシカにしか会わない僕の生活空間から見えてないだけで、

    世の中にはこんなに人間が活動してるんだ、、
    ありとあらゆる商品、サービスが溢れている、、
    ここにいる人たちは何を感じてるんだろう、、って。

    そしてこの現代社会の実態に接し(笑)、政治に求められる理念と現実的未来設計能力についてなど
    改めて考えてしまったのでした。

    さてさて、もちろん今度の日曜日の投票には必ず行って僕も清き2票を投じてくるけど、
    結果がどうあれマイペースでコツコツやるだけさってところに、やっぱり戻るだけなんですよね。

    皆さんもそれぞれに日本の、世界の未来についていろいろ感じ、考えていらっしゃると思います。
    が、どうあれ必ず投票には行きましょうね。Let's Vote !!


    20171016085939b39.jpg





    スポンサーサイト

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    プロフィール

    Yoichiro Yuda

    Author:Yoichiro Yuda
    家具工房NEW FOREST
    木工職 油田陽一朗
    〒514-2104
    三重県津市美里町家所4324
    TEL/FAX:059-279-3887

    カテゴリ

    家具工房NEW FORESTについて (1)
    作品の紹介 (0)
    テーブル (14)
    椅子 スツール (12)
    ベンチ (3)
    ワークデスク (2)
    キャビネット チェスト (7)
    TVボード (2)
    シェルフ (3)
    ベッド (1)
    その他 小物 (6)
    製作雑記 (52)
    四方山Essay (17)
    イベント (28)
    Volvox (17)
    未分類 (0)
    プロジェクト (1)

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2カウンター

    QRコード

    QR