topimage

    2012-04

    胡桃 - 2012.04.29 Sun

     
    実が美味しいのと音の響きがかわいいのも親しみ深さの理由だろうね
    お店の名前になったり、子供に名づけたり。
    あ、でもそういうのわりと最近かな・・

    木材としてのクルミ材、ウォルナット、は西洋では古く中世から人気のある家具材だけど、日本の
    木工史のなかではあまり見かけないマイナーな木だった。戦後、洋家具が普及して以後は時々、
    短期的大ブームがあったようだ。
    ここ数年のウォルナット人気も材木業界では、“もう治まった”みたいなこと言ってたな・・
    ちょっと独特だから流行しすぎると、飽きるということがあるのかもしれない。

    でも加工しやすい、ほどいい堅さ、重厚ではないが粘りなど強度あり、油っけがあって耐久性、耐水
    性ある優れた材木だと思う。木目はやさしさがあって着色性がよくきれいに塗装も仕上がってくれる。

    材料庫の奥に残していたとっておきで、この前の胡桃の棚を作ったらまた縁づいたのか、仕入先で
    手頃なのを勧められて、丸太の半分、4枚の板材を買ってしまった。こういう予定外の“衝動買い”、
    が経営を圧迫するんだよなぁ・・

        RIMG0015_convert_20120429100533.jpg

    右の耳付きのがクルミ。厚みが40ミリ、板幅300~450、らしい大柄な木目。椅子がいいかな。

        RIMG0008_convert_20120429101439.jpg

    それからこっちは工房の裏手に植えたクルミの木。

    知人が美杉の山で拾った実をくれたのを畑に埋めておいたら芽を出しあっというまに
    大きくなってきたので工房の敷地に何本か植えました。

    樹勢が強くて成長は早い。
    杉の手遅れ林を整理して獣害対策と木材産出を兼ねて大規模に植林したらいいかもしれない、
    なんてまた夢想してしまうのでした・・・



    スポンサーサイト

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    プロフィール

    Yoichiro Yuda

    Author:Yoichiro Yuda
    家具工房NEW FOREST
    木工職 油田陽一朗
    〒514-2104
    三重県津市美里町家所4324
    TEL/FAX:059-279-3887

    カテゴリ

    家具工房NEW FORESTについて (1)
    作品の紹介 (0)
    テーブル (14)
    椅子 スツール (12)
    ベンチ (3)
    ワークデスク (2)
    キャビネット チェスト (7)
    TVボード (2)
    シェルフ (3)
    ベッド (1)
    その他 小物 (6)
    製作雑記 (52)
    四方山Essay (16)
    イベント (27)
    Volvox (17)
    未分類 (0)
    プロジェクト (1)

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2カウンター

    QRコード

    QR