topimage

    2011-10

    里山の工房めぐり その3 - 2011.10.28 Fri

    RIMG0039_convert_20111028093819.jpg
     

    内側が仕上がったらバンドソーで外形をくり抜き外側をカンナとノミで成形しながら仕上げていきます。
    ここで厚みが決まり、見た目とさわった感触と持った重さとで感じるお皿のイメージが出来上がる・・




    RIMG0048_convert_20111028094007.jpg


    ようやく木地が出来上がり塗装工程へ。

    欅、楢、ニレ、タモ などのザックリ系は導管に目止めする必要もあって拭漆仕上げに
    します。 

    この画像はムロと呼ばれる小部屋の棚で乾燥され中のお皿たち。 漆の乾燥は溶剤が
    揮発して乾くペンキなどとは違い、含まれる酵素が空気中の水分と反応して硬化する
    化学反応によって“乾く”んだけど このムロの湿度と温度の調整が中々微妙で難しい。

    一方、桜や楓など表面がツルツル滑らかなものたちは主に自然な味わいのオイル仕上げに。
    様々な材の種類と仕上げのバリエーションで、賑やかにズラッと並んだ完成したお皿たち
    を眺めるのはとてもとても楽しいものです。


    そうこうシコシコお皿を削る間に里山工房めぐりまであとわずか二週間・・
    このイベントに向けてあれこれ考えていた “やるべきことリスト” から “もう無理、
    あきらめよう・・項目” の削除もしつつの追い込み製作と準備のいろいろに四苦八苦の毎日、
    濃密に詰まったトンネルみたいに進んでいく時間・・

    さて、今回の里めぐイベントでは各、参加工房の作品以外にも ゲストとしてそれぞれに
    ものつくりの仲間たちが参加してくれることになっていて、僕のところにも個性豊かで
    魅力的なひとたちがそれぞれの作品と共にやってきてくれる ので紹介します。

    まずは、インレイボーイこと 加藤穂高くんはギターなどの楽器中心に信じられないくらい
    精密で美しい貝殻象嵌をほどこす、この工芸分野において世界でも有数の職人。
    今回はギターの指板を何点か見せてくれる予定。 必見 です!

    次に、一峯建築設計事務所の 池山琢馬さんは工業製品の建材を使わず木と土でとても
    気持ちのいい家を建てている。土壁はコアになる竹も山で自分で伐って割って編む、
    望めば施主さんも参加しての土壁ワークショップなども経て出来上がるその家は、とてつもなく
    なにか明るい未来への可能性を提案しているのでは・・と常日頃僕は感じているのです。あと、
    楽器もすごく上手でなんでも弾けちゃう器用なひと。 今回はコンセプトの展示と・・・
    あれっ なにするんだっけ?  まあ、とにかく来てくれて何かします。お楽しみに! 

    そして、自然食料理家 岡田桂織さんが屋外カフェを出張開店してくれます。レストラン月の庭
    はこの六月で閉店してみんなは少なからず残念がったけど、その後も料理教室や食に関する様々な
    イベントなどへの取り組みでムーブメント月の庭はずっと続いていて、後進も育ってますます
    大きな、いい流れになってきていると思う。今回のカフェも楽しみだなあ・・お天気いいといい
    んだけど。 “晴れ女”さんよろしく!
    加えて、11日には ふじっこぱんも出張販売に来てくれます。パンも人柄もあの独特の存在感・・
    一度食べたら虜に。 是非!

    それから、このごろ三重の各地に出没している、おもしろいデザイン感覚の素敵Tシャツを作る
    ちょっと(かなり?)謎の女、神戸市須磨区でオリベッティっていう名前のお店をしている
    本田秋香さんもこの度の里めぐイベント聴きつけ、急遽の参加決定。ピクニックカフェの
    イメージを作品に仕立ててくれるとのことだったけど、どんなのかなあ!

    ちなみにこのピクニックっていうのは、これからめざすべきライフスタイルというか、過度な物欲や
    私欲をさらりと手離し 軽やかに前向きに進もう!っていう 明るい未来への想いを、ミニマムな
    所持品のみを携えて野山に遊ぶピクニックになぞらえて僕がネーミングいたしました・・ 

    最後にもうひとかた、多気町の家具工房、什工房の 伊藤義次さんは僕が家具つくりを始めた頃から
    ずっとお世話になり仲良くしていただいている、この世界の大先輩ですが、今回スギ、ヒノキで
    家具を作るという試みでの展示コーナーへ作品を出していただけることになりました。
    僕がこの頃関心を持っていて、地産地消にもつながるスギ、ヒノキの家具への取り組みを今回も
    ほんの少しだけ形にしてみようと、主材にされている桜に加えて以前からスギやヒノキを使った家具も
    手がけている伊藤さんにも参加をお願いしてのことです。今回は美里の女性木工家でこのイベントにも
    参加しているZIG木工所の 平澤靖子さんからの出品も加わってのプチ三人展と相成りまして
    こちらもどうぞお楽しみに!


    ずいぶんと長くなってしまいましたが、里山の工房めぐり でNEW FOREST にゲスト参加
    してくれる皆さんのご紹介でした!!

    イベント全体の詳細は公式HPでどうぞ。  

    http://efu-furniture.com/event

    スポンサーサイト

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    プロフィール

    Yoichiro Yuda

    Author:Yoichiro Yuda
    家具工房NEW FOREST
    木工職 油田陽一朗
    〒514-2104
    三重県津市美里町家所4324
    TEL/FAX:059-279-3887

    カテゴリ

    家具工房NEW FORESTについて (1)
    作品の紹介 (0)
    テーブル (14)
    椅子 スツール (12)
    ベンチ (3)
    ワークデスク (2)
    キャビネット チェスト (7)
    TVボード (2)
    シェルフ (3)
    ベッド (1)
    その他 小物 (6)
    製作雑記 (52)
    四方山Essay (16)
    イベント (27)
    Volvox (17)
    未分類 (0)
    プロジェクト (1)

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2カウンター

    QRコード

    QR