topimage

    2011-08

    夏、終わる・・・ - 2011.08.29 Mon

    R0010680_convert_20110829174507.jpg  


    わがまち津の誇り・・Kalas13 仕事の値段(9月1日発行)が発売開始に。
    もう5年目ですか   なんか、もう普通にいい読み物だね。 前の12号はほんとに
    良かったなぁ・・

    さて、うちの工房も今号からついに 津のまち鳥瞰図 に参入させて頂くことになった。
    このブログ開始に続いての新しい展開・・ ささやかなるもこの頃前向き。

    でもほんの少し前まで 僕は深い穴の底の真っ暗闇に落ちたみたいになっていた。

    広範、長期に及ぶ放射能汚染という厳しい現実をこの社会にもたらした福島第一原子力発電所
    の事故は、また一方で僕という一個の存在に対しても、その生き方(どうしようもない矛盾に満ちて
    いると失望したり、それでも愛おしかったりするこの人間社会と自分の価値観、理想とのバランス
    に苦労しつつなんとか正気でいるためのやり方?)を一気に打ち崩してしまった。
    また、この事故を生み出したもの、について考えるにつけ結局、自分もまた問題から目を外して
    表面を取り繕っただけの秩序に安住していたという気付きと相まって打ちのめされていたのだ。

    沈んだ気持ちはなかなか元に戻らなかったが、そんな中でも木工家具職としての仕事を続けさせて
    もらえ、いつも通り手を動かして作品が出来上がった。周りには共感し合える仲間の存在があり
    勇気をもらえた。そしてもう一度しっかりと前を向いていこうと段々と思えるようになった。

    NO NUKES!
    そして様々なネガティヴな力が渦巻いて問題をややこしくするばかりに見えるこの世界。対しては
    絶望的にちっぽけで不完全な自分の力。
    でも、生き方って考えるならそれはその言葉通りプロセスなんだって改めて思うことにした。希望が
    希望という名の幻想だとしてもそれが今の自分を元気にしてくれるならそれを選択した自分を
    信じる力もまた与えてくれるわけだから。
    つまりは出来ることしていくだけ、というシンプルな結論・・(笑)  怯まずにいこうね みんな!


    大袈裟で自分でも笑っちゃうけどブログも鳥瞰図参入も、実はまぁそんな次第で・・というわけなんだ。
    さてさて、Kalas13号はこの木陰の椅子にでも腰掛けて。 
    夏の終わり・・  涼しい風吹くかなぁ

    スポンサーサイト

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    プロフィール

    Yoichiro Yuda

    Author:Yoichiro Yuda
    家具工房NEW FOREST
    木工職 油田陽一朗
    〒514-2104
    三重県津市美里町家所4324
    TEL/FAX:059-279-3887

    カテゴリ

    家具工房NEW FORESTについて (1)
    作品の紹介 (0)
    テーブル (14)
    椅子 スツール (12)
    ベンチ (3)
    ワークデスク (2)
    キャビネット チェスト (7)
    TVボード (2)
    シェルフ (3)
    ベッド (1)
    その他 小物 (6)
    製作雑記 (52)
    四方山Essay (16)
    イベント (27)
    Volvox (17)
    未分類 (0)
    プロジェクト (1)

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2カウンター

    QRコード

    QR