topimage

    2017-09

    チェリーの食器棚 - 2016.01.15 Fri

    新年おめでとうございます。

    2016年が始まりましたね。

    今年もひとつひとつ、しっかりと気持ちを入れて
    作っていこうと思います。

    2016011517580879e.jpeg

    今年最初に完成したのは、このチェリーの食器棚でした!

    って、本当は昨年中に完成、納品の予定だったと言ってたやつ。


    20160115175810e4d.jpeg
    w1,030 × h1,800 × d550 オイルフィニッシュ


    20160115175809b87.jpeg

    でも最後まで落ち着いて丁寧に(いつも通り!)作り、とても
    綺麗に仕上がりましたよ。


    さっそく注文主さんのキッチンにお届けしました。


    20160115175811899.jpeg


    気に入っていただけたかな〜

    末長くご愛用いただけますように。



    スポンサーサイト

    メープルの靴箱 - 2015.03.01 Sun


    一昨日の朝に納入させていただきました玄関ホールの小さな靴入れは
    メープル材にカシューのネオクリアーを塗って仕上げました。

    メープルはとても白いので出来るだけ透明度高く仕上げようと。

    20150301235650c14.jpg

    削り屑もこんな感じ。

    よくある土間に片足を下ろすやり方で設置しました。
    床材もメープルでスッキリ明るい玄関ホールです。

    20150301200032ce1.jpg

    上がった側に開いた棚はお決まりのスリッパ入れ。

    20150301200030547.jpg

    ちなみにバックヤードには大きな靴収納用クローゼットがあるので
    こっちは普段よく使うものを出したりしまったりする用です。

    今回使ったメープルはとても堅い木だったし製作中にも反りが出まくりで
    実はなかなか苦労したのでしたが。
    なんとか綺麗に仕上がって御用の空間にもうまく納まってやれやれです。

    さて、工房に帰ってお昼まで次の製作をしてこの夜は29名の地元の作家仲間で
    共同運営しているギャラリーVOLVOXの年に一度の運営会総会と新年会
    を兼ねての晩餐会が有り、その準備へまたいそいそと出かけます。



    20150301200028fed.jpg

    20150301200029e05.jpg

    いつものギャラリー空間がテーブルクロスに料理が並んでちょっとオシャレな
    レストランになりました。

    パーティーに地元食材を使った安心で美味しい料理をケータリングしてくれる
    素晴らしいカフェレストランがあるから御用の折はお教えしますよ!

    ところでVOLVOXは今年はもう3年目に入ってお陰様で益々盛況の状況が続いて
    いて本当に感謝この上ないことです。作家による慣れないギャラリー運営で
    不安いっぱいでのスタートだったけどアート、クラフト好きの多くの方々に
    この、ちょっと新しい新鮮な風はしっかり届いているようでキャッチコピー通りに、
    廻って、繋がって、膨らんでいることは、大変嬉しい限りです。

    民間運営の施設ということになりますギャラリーVOLVOXですが、この空間は
    特定の誰かのものでも、運営会のものでもなく、より良い創作や物作り
    を指向する人々すべての熱意でもって作られていく場所であると思っています。

    サポート会員制度などもあり誰もが実際的に運営に寄与していただくことが
    出来ますのでまだご存知ない方がいらっしゃったら是非一度ホームページを
    ご覧になってください。

    VOLVOXのホームページ

    で、そんな想いを共有する運営会の年に一度のお楽しみ会的な総会。
    いやぁ、、楽しかったです。













    タモ箪笥 - 2013.07.01 Mon

          R0016614_convert_20130701070313.jpg
     
    年輪幅の細かさ、粗さ、によって木目模様の味わいに大きな違いのあるタモ。

    今回のこの整理タンスの大きな引き出しの前板は幅40センチのやや細かい木目
    のタモの板を、縦3段の真ん中を境に2枚を横に並べて使っている。
    つまり、2段目は真ん中で接ぎ合わせてあるのだけど目の流れが合っていて継ぎ目
    は殆んどわからない。
    1段目と2段目、2段目と3段目の境は一枚を割っているから木目としては続きなのだけど
    切断の際に間の1センチ5ミリをロスしてしまって、そのためにかえってこちらのほうが
    少し不自然になってしまっている・・・のだけれど、この完成したタンスを見てすぐにそう気付く
    人はほとんどいない、のですね今。

    どうでしょう、一昔前はこういった木製品を品評するための木に対する知識を持ったひとは
    けっこう巷にいたように感じているんだけど、、、皆さんが子供の頃に、そんなふうに木製品
    の出来栄えについてブツブツ言ったりしてるオッサン廻りにいなかったですかね(笑)

    木に対する知識をちょっと知れば木工品をより深く味わうことができて、そういうのが豊かな
    日本の文化になるんだ、などと思ったりするんだけど、僕だって他のことはやっぱり全然
    知らないしなぁ・・・なかなかね。


    話が脱線してしまいましたが、つまりこのタモはタモの中では木目が繊細で、この感じはちょっと
    胡桃にもにたやわらかさだな、ってことを言いたかったのでした。


           R0016612_convert_20130701070137.jpg
           タモ 蜜蝋ワックス仕上げ 1050×410×h905 ¥180,000(参考価格)







    ミズナラの食器棚 - 2012.11.10 Sat

    ずっしりと重厚な水楢のカップボード。
    当初はガラス扉のキャビネット風のデザインでの提案だったけどお客様がご要望されていた
    イメージと違っていて軌道修正をして設計。
    全体のレイアウトなどはそのままでも扉がガラスと板ではグッと雰囲気がちがって見えます。

    お宅には、使い込まれていい味を出した楢製の家具が揃っていて、新入り君は少し緊張気味
    に見えたけど、毎日大切に使ってもらっていい顔に仕上がっていくのがこれからの楽しみなのです!


           R0015194_convert_20121110085350.jpg
           1400×2000×450 拭き漆



    ミズナラのチェスト - 2012.04.21 Sat

    2014021418354956b.jpg

    w 1,400 × h 850 × d 500 水楢 拭き漆仕上




    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    プロフィール

    Yoichiro Yuda

    Author:Yoichiro Yuda
    家具工房NEW FOREST
    木工職 油田陽一朗
    〒514-2104
    三重県津市美里町家所4324
    TEL/FAX:059-279-3887

    カテゴリ

    家具工房NEW FORESTについて (1)
    作品の紹介 (0)
    テーブル (14)
    椅子 スツール (12)
    ベンチ (3)
    ワークデスク (2)
    キャビネット チェスト (7)
    TVボード (2)
    シェルフ (3)
    ベッド (1)
    その他 小物 (6)
    製作雑記 (52)
    四方山Essay (16)
    イベント (27)
    Volvox (17)
    未分類 (0)
    プロジェクト (1)

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2カウンター

    QRコード

    QR