topimage

    2017-09

    杉のテーブル 楡の椅子 - 2016.11.23 Wed

    厚さ9センチほどの杉の2枚はぎ板を預かったのが夏の始めの頃。

    ずいぶんお待たせしてしまいましたが、その板で食卓テーブルを、
    そのテーブルに合わせて椅子とスツールを作らせていただきました。

    テーブルの脚の部分は北海道産の楡を使い、椅子の座面と背もたれ
    も同じ楡で。
    一方椅子の脚のほうは、座面の仕上げ色との相性を考えて、椋の木とチェリーを
    使い分けました。
    だからこのテーブルセットは、杉、楡、椋の木、チェリーの4種の木を使って
    作ったということです。

    違う木を混ぜて使うのは木工を始めた頃から僕はよくやっているけど
    木工家によっては、それはナイ、って言ってた人もいたっけ。
    自分は抵抗ない、というよりけっこうこういうの好きだなぁ。

    201611231213244fc.jpg


    20161123104912b2b.jpg


    201611231049014c2.jpg


    20161123104911e56.jpg

    20161123121325da8.jpg


    2016112310495153a.jpg
    スポンサーサイト

    杢タモの椅子 - 2014.11.30 Sun

    朝一度止んでいた雨が午前いっぱいまた激しくなってどうなるかと
    思いましたが、午後になって準備を始めるとピタと上がり、さて積み込んで
    出発した途端キラキラと陽が射し始めたのでした、、、
    いやぁ、ホント搬入日のお天気にはいつも気を揉みます。

    昨日無事に搬入させていただいた杢タモのくつろぎ椅子。
    昨年のVOLVOX椅子展に新作として出したものを今回また追加で
    ご注文頂いたのが始まりでした。

    工房展以降時おり受注製作して人気アイテムになりつつあるので、
    これ用に胡桃、メープル、チェリーなどが粗木取りしてあったのですが、
    今回は和室でお使いいただくとのことで、デザインと材質も少しアレンジ
    しましょうということになったのでした。

    そうして木材に相当な知識をお持ちのお客様と使用する材について打ち合わせを
    重ねている折、工房の材料庫の奥で長い間冬眠中(?)だったタモの杢板2枚が
    目に止まり、是非この板で!となった次第です。

    これ、です。 凄いの一言、というより思わずl無言になるほどの銘木でしょ。

    2014113009305970d.jpg

    こちらも相当気合いを入れてデザインと製作をさせていただき、こんな形の椅子に
    生まれ変わりました。

    20141201023540446.jpg

    201411300902290b1.jpg

    20141130090228679.jpg

    20141130090228881.jpg

    やっぱり使う木により「作る」ということを担うこちらも変化することを
    改めてとても実感したこの椅子。
    思い出深い仕事のひとつとなりそうです。

    ありがとうございました。
    '
    20141130090231772.jpg




    山桜の座椅子 - 2014.07.15 Tue

    あまり作ったことがないものの一つ、座椅子。

    注文主は自然のままの木の風合いがいい、と言われました。

    山桜で作り蜜蠟ワックスで仕上げました。

    座椅子とは、、、脚のない椅子

    …というだけのモノではないね。



    BlackCherryの椅子〜拭き漆〜 - 2013.11.14 Thu



    先週、製作中の様子も(少しですが…)ご覧頂いたブラックチェリーの椅子。

    予想通り漆の吸い込みが多くて、さらに写真で観るとほんとに真っ黒。
    黒漆を使って黒仕上げにしたものと、この時点では見分けがつかないくらいです。

    しかし、これから1カ月ほどで色抜けすると、チェリーの赤っぽさと合い重なって
    赤茶色の漆らしい感じに落ち着いていきます。
    乾燥し時間と共に透明度を増すのが漆の特性で、素材ごとのテイストを引き出してくれます。

    この椅子は主にナラとタモで作ってきて15年くらい。今回は、いいのがあれば日本の山桜で、
    と思ったのですがタイミングが合わなかったのか手頃なのがなく、初めてチェリー材で
    作ることになりました。はい、結果よかったですとても。

    こういうサクラ系の材は、ナチュラル仕上げが多いしそれも
    もちろん気持ちいいけど、どうして漆も悪くない、っていうか年々自分はこっちが好きに
    なってるなぁ


    20131114100230c20.jpg

    今回も一脚余計に作ったのがまた工房の展示室に仲間入りして益々
    賑やかになりました。
    もう工房カフェだって出来そうだ ^ ^






    楡のスツール - 2013.09.18 Wed

         邏榊刀蠕契__convert_20130918201655

    楡(にれ)のスツールが完成して亀山市のご注文主の元へ。
    僕の作品ではありませんが、以前からお使いのこの大きなテーブルで使うためのスツール
    の製作がお客様からのご要望でした。

    10年ほど以前に丸太買いした楡の耳付き板を使って雰囲気の合うものを作ることが出来ました。

    製作過程も何カットか記録しましたので御覧ください。。。

    髢シ蝟歡onvert_20130918201330_convert_20130918204040
    ホゾを加工、クサビの切り込みを終えてから鉋で削りあげた脚16本。
    画面奥は、穴加工、成形、仕上げ削りが完了した座板。

                  邨・∩遶九※_convert_20130918201547
                  組み立て。座板に空けた穴に差し入れます。接着剤を使います。

    蠎ァ髱「繧ッ繧オ繝点convert_20130918201457
    通しホゾの先にクサビを打ち込んで強固に接合します。

                        ・碑・邨・∩荳翫′繧垣convert_20130918201812
                         4脚が組み上がったところ。
                         この後、飛び出したホゾ先をカットして仕上げ、
                         塗装します。

    ___convert_20130918200917_convert_20130918202342.jpg
    漆を塗って完成です。楡はよく塗料を吸う木材です。たっぷり浸み込んだ漆が発色して
    黒々としています。これから時間と共に色抜けしていい具合のこげ茶色に落ち着きます。


    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    プロフィール

    Yoichiro Yuda

    Author:Yoichiro Yuda
    家具工房NEW FOREST
    木工職 油田陽一朗
    〒514-2104
    三重県津市美里町家所4324
    TEL/FAX:059-279-3887

    カテゴリ

    家具工房NEW FORESTについて (1)
    作品の紹介 (0)
    テーブル (14)
    椅子 スツール (12)
    ベンチ (3)
    ワークデスク (2)
    キャビネット チェスト (7)
    TVボード (2)
    シェルフ (3)
    ベッド (1)
    その他 小物 (6)
    製作雑記 (52)
    四方山Essay (16)
    イベント (27)
    Volvox (17)
    未分類 (0)
    プロジェクト (1)

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2カウンター

    QRコード

    QR