topimage

    2018-05

    丸太の製材 - 2018.05.03 Thu

    先週は、昨年秋から買ったり貰ったり自分で伐り出したりした地元材の丸太を
    一気に製材しました。

    工房から車で1分のところにある福山木材さんは普段は杉や檜を中心にした
    建築用製材品を作っているんだけど、丸太を持ち込めばこちらの要望通りの
    向きや厚さに製材してくれる、とてもありがたい存在。

    今回挽いてもらった樹種と本数(◯数字)は、、、
    ヤマモモ④、ヤマモモと思ってもらってきたら何か分からない別の木だったもの①、
    ネムノキ④、ヤマザクラ④、ケヤキ⑤、ハゼノキ④、シイノキ②、タモ①、スギ④、
    の9種類29本でした。

    色々な厚みに挽いてもらった後は挽き粉を払って樹皮を向いて桟積みします。
    板の枚数にするとざっと数えて200枚以上あり、まだやっと半分積んだところ。
    フォークリフトなど重機はないのでいろいろ工夫してなんとか人力で積み上げてます。
    この時だけは手伝いの人がいるといいなと思うよ、ほんと。

    材料を丸太から集めて挽いて乾かして使うのは、なかなか大変ではあるけど、
    一本一本違う丸太の曲面でおおわれた樹皮の中から、平面に挽かれた一つ一つ
    違った模様の木目が現れる時の面白さと感動は乾燥材の板製品を仕入れるのとは
    全く違った長編のストーリーを体験しながら作れる、これぞ木工の醍醐味だなぁ
    といつも思うのです。

    ではでは、その挽かれた木の表情を一挙にお見せしますね!


    20180503164042218.jpeg
    ネムノキ

    20180503164044311.jpeg
    ネムノキ

    20180503164046a19.jpeg
    ネムノキ
    20180503164046c4e.jpeg
    ネムノキ
    4本とも節や傷は部分的で綺麗な木目のいい板がたくさん取れました。製作が楽しみ!

    20180503164148b79.jpeg
    ヤマザクラ行きます

    20180503164148873.jpeg
    白太と心材のコントラストがカワイイね

    201805031641508ae.jpeg
    虫に喰われなかったら白太も使えるヤマザクラ

    20180503164152062.jpeg
    順番が前後しますがこれはシイノキ。直径40センチで1.2メートルくらいの短い玉
    でしたが、綺麗な表情。来シーズンはシイノキもっともっとほしいなぁ。

    20180503164146de6.jpeg
    ヤマザクラ
    直径30センチあればなんとか一丁前の板が取れます。地元材の細い丸太は白太も
    多いけどまぁ地元材広葉樹としては使い勝手の分かる貴重な存在。

    2018050316423882e.jpeg
    シイノキ
    乾くと白っぽい木です。素直で使いやすい。

    20180503164240fb0.jpeg
    タモ、と言われてもらった小さい丸太。いわゆる家具材でポピュラーなあのタモとは別物。
    でも綺麗な板目が現れて、やったー!

    201805031642400d5.jpeg
    …と思ったら、芯に近づくと中から変色が。あちゃー!
    だけどこれも自然のアートでとても魅力的。

    20180503164242842.jpeg
    ヤマモモだと思って積んできたやつ。

    20180503164315a5b.jpeg
    なんの木だろう、、

    20180503164317d84.jpeg
    これはヤマモモ

    20180503164317faa.jpeg
    あまり赤くなかった、、、

    20180503164319e98.jpeg
    これはさっきのなんの木だろう、、です。

    20180503164320d73.jpeg
    ヤマモモ

    201805031643468fe.jpeg
    ヤマモモ

    20180503164348144.jpeg
    ヤマモモ
    赤いのが良いことは良いのだけど、これはこれで美しい。このまま割れずに乾いてくれたらなぁ、、、

    2018050316434956b.jpeg
    次はケヤキ。これも地元材の里欅と呼ばれる年輪の粗いケヤキ。

    20180503164351432.jpeg
    色合いは黄緑っぽい感じかな。

    20180503164352571.jpeg
    半割りからミカン割りにして、、、

    20180503164422cbd.jpeg
    柾目の板をたくさん取ることにした。

    2018050316442311d.jpeg
    目の粗い里欅の柾目はなかなか面白いんじゃないかなと思ってる。VOLVOXのドアもそうです。

    20180503164424185.jpeg
    独特なウネリ感を持つケヤキの木肌。

    20180503164426afe.jpeg
    曲がった丸太はミカン割り作戦は無理なので普通に板目に挽く。

    20180503164427edc.jpeg
    こんな木目が現れる。

    20180503164504b6b.jpeg
    三又になったところを挽いてみる。

    20180503164506eea.jpeg
    こうなって、、、

    2018050316450697c.jpeg
    こんなカタチの板が出来る。

    20180503164508504.jpeg
    ケヤキは5本ともけっこう太かった。たくさん板が出来ました。

    201805031645369ab.jpeg
    いよいよ杉を挽きます。もう3日目なのだ。福山木材の福山さん、よろしくお願いしまーす。

    2018050316453710e.jpeg
    安濃町の神社の境内にあった大きな杉の木。
    この年輪を見れば期待高まるよねー!

    20180503164539790.jpeg
    良いっすね!

    201805031645400bd.jpeg
    かなり良いっすね!

    201805031645425e7.jpeg
    おぉ、、すごい!

    2018050316470102b.jpeg
    ええぞええぞ。

    201805031647037bb.jpeg
    素晴らしい!!

    20180503164704aa1.jpeg
    テーブルでもベンチでもなんでも来ーい。

    20180503164706ed7.jpeg
    さて最後はこの木。

    2018050316470757c.jpeg
    芯が黄色いこの木はハゼノキ。

    201805031647363c3.jpeg
    独特。

    20180503164737413.jpeg
    黄色い。

    20180503164739be4.jpeg
    小径木もこの際挽いて。

    20180503164740705.jpeg
    いっぱい出来ましたよ。

    201805031647426a3.jpeg
    この色を活かしてね。さて何を作るか。
    実は今、森と人の環では秋山茂さんのハゼノキの時計が大人気なのだ。

    20180503164509c0e.jpeg
    福山木材からの里山view。
    お疲れ様でした。桟積み風景はまた今度。









    スポンサーサイト

    栓とケンポナシの食器入れ - 2018.02.14 Wed



    食器棚と言うと普通は高さ1600〜2000ミリくらいで
    上下2段になってたりするもののことだけど、これは
    食器棚を作ってという注文だったから比較的かなりの小型ですが
    食器棚と呼んでます、自分も注文主さんも。

    でも3人家族でこれくらいのサイズに納まるくらいのモノで暮らす
    くらいで丁度いい、、という感じもするね。
    必要以上のモノを買わない、持たない、、、
    人類がこの地球で生き延びるために、
    取り敢えず何をおいても、先ずはそれは必須じゃないかな。

    201802140844344bb.jpeg

    ここしばらく箱物は板差し(イタザシ)で作っていたので久し振りな感じの框組み(カマチグミ)。
    フレーム構造に薄い板をはめ込んで躯体が立ち上がる框組みの箱物
    が組み上がった時は、在来工法の木造建築で言う建前(タテマエ)で家の
    カタチが出来上がる時の感動と同種のものがあり、板ざしとはまた違う
    達成感みたいなものがあるなとやってみるといつも思う。

    今回のこの小さな食器棚の材料は、フレームがケンポナシで、
    天板とサイドの羽目板(ハメイタ)、そして引き出しの前板と
    扉の枠を栓で作りました。あと、引き出しの中と本体背板と中の棚板には
    檜を使ってあるので、全部で3種類の木で出来ているということです。

    こうやって一つの家具にいくつかの樹種を組み合わせて作ることは、
    個人の工房作家の家具では時々見かけるけど、どちらかというと
    少数派かもしれない。差し色にほんの少し別の木を使うことはよくあっても、
    大きな構成材を異樹種混成で作るというのは。
    以前他の木工作家とそれについて話してる時にも、その彼は、
    「自分は有り得ない」と言っていた。そう、人によって
    好みが分かれるところなんだろうな。

    木は一つ一つ違うので、同じ樹種でもいろんな色や木目など
    その表情は変化に富んでいて、そこが木という素材の面白いところ。
    だから、素材で遊ぶことがエスカレートして、違う樹種混成でやる
    というようになるのは、特別変わった試みでもないのだけど、
    上手くやらないとちょっとゲテモノっぽくなってしまうし、
    綺麗な調和を品良く表現するのは、それなりにセンスを
    働かせてやらないと良い作品にならないという気がしてる。
    で、僕は好きなんですね、混ぜて作るの。始めた頃からよくやって
    きてるから、きっととても好きなんだと自分でよく思います。

    それと目下鋭意取り組み中の、地元材の家具作りにおいては、
    この異樹種混成家具は、なかなか都合がいい、ということがありますね。
    今の所地元の広葉樹はいわゆる商業流通が殆ど無くて、
    使おうと思ったら、一本一本自分で調達することになり、必ずしも
    いつも同じ樹種の木が豊富にストック出来ないことになるので、
    有る木を混ぜて使えば解決!となるし、そうやっていくつかの木を組み合わせて
    出来た家具って、いろんな木がある雑木林を散歩するような
    楽しさがあるんじゃないかって、僕は思ってるんだけどね。

    というわけで、せっせと地元材の丸太を集めるこの頃。
    伐って捨てられるのをもらったり、自分で伐り出したりして、
    製材所で板に挽いて、桟積みして乾かして、、、となかなか手間暇かかるし、
    丸太から家具材に乾くのには3〜5年くらいかかる、時間的にも
    悠長なことにはなるんだけど、まぁ本来それはそういうものなんだから
    ね、木で家具を作るってことは。

    20180214084433f4b.jpeg

    森の中で伐って引きずり出して、、、

    20180214084434cd0.jpeg

    土や砂をよく洗い落として製材所へ。

    20180214102353959.jpeg

    製材して、、、

    20180214102355415.jpeg

    桟積みして3〜5年乾かす。

    20180214084430ead.jpeg

    やっと削って加工して組み立てて、、家具の完成。

    今でも家具が出来上がる度に、この子は木から生まれてきたってことを
    いつもとても感じるんですよね。










    2017大晦日 - 2017.12.31 Sun

    製作はどうにか昨日で完了して
    今日はたまっているデスクワークや雑用を少しでも片付けておこうと
    机に向かっているのですが、、、

    あぁ、このまったくの空っぽ感、、、
    窓の外を眺めてずっとぼんやり、、、

    一年ごとにますますあっという間、、、と毎年言うようになって久しいけど
    本当に今年はこれまでの人生で一番と言ってもいいくらいに、
    いろんなことが次々とあっていっときも息つく間もなく、
    忙しいなんて言ってる間もないくらいに、詰めに詰め込んで
    突っ走った一年だったです。


    あぁでも最後にこのブログでまだちゃんとまとめていなかった、ローカルウッド活用プロジェクト
    の流れの中で作った実店舗のスタートについてだけは、ご報告して一年を終えたいと思います。

    つ、ついに、、、
    身近な森の生活道具 地元材家具店 『森と人の環』をやっと完成させることができて、
    この11月から営業を始めることができました〜!!

    豊かな森林に恵まれたこの土地の人々の暮らしの中にもっと地元木材を活用しよう、
    という木材の地産地消という意味でも、この土地の気候風土が育んだこの土地ならでは
    の風合いを持つ素材と共にある創作活動は、きっとこの土地ならではの作品を生み出して
    いくという意味でも、この小さなお店から新しい未来、懐かしい未来が生まれていくことを
    願っています。Let’s start going local !! ローカルで行こう!!

    金、土、月曜のみの 10時半から 16時までという営業時間でのスタートですが、皆様
    ぜひ一度お訪ねください。新年は12(金)からの営業スタートです。
    10人以上もの作家たちの手による、いろんな樹種の木の家具や雑貨が並んだお店です。
    尚、日曜日については「注文家具ご相談日」としてご予約の方に対応いたします。

    〒510-1232 三重県三重郡菰野町宿野56-1 Tel 059-329-7711 Fax 059-329-7721

    ホームページもまだ表紙だけですが、年明けには完成する見込みですので、ぜひご覧になってください。
    森と人の環ホームページ


    2017123110311935a.jpeg

    森と人の環のエントランス風景


    20171231103117b04.jpeg

    そしてこちらは今年の夏にケンポナシと神宮杉で作ったダイニングテーブル

    20171231103117326.jpeg

    同じく飾り棚

    201712311031151c2.jpeg

    そしてこれは秋に作って納めた食器棚。本当は国産の針葉樹で作れたらよかったけど
    手頃な値段で柾目の材が手に入らず米栂での製作となりました。
    こういった大型家具の受注製作には均一で使いやすい素材が適しているので、地元材の中では
    今のところ植林針葉樹の柾目板が有望だと僕は思っているのです。
    それで目下顔合わせた製材屋の方々に家具用の杉檜柾材を生産してもらうようお願いしているところ。
    建具材みたいに年輪の細かな緊張感のある高級材でなくてもいいんですよね。
    温暖な地元の年輪幅の大きな材の持つ大らかさが僕は好きです。

    地元材家具店の工事と並行しての注文家具製作、ボルボックスの運営、展覧会のサポート、、、
    そして先だってご報告した『三重の木の椅子展』開催、、、それから手の手術に孫娘の誕生と、、、
    ほ〜〜んとうに盛り盛りだくさんだった2017年。でも、なんだかんだ言っていつも先ず自分が
    目一杯楽しんでるのかもしれません。兎にも角にも、仲間のみんなに、関わってくださった皆々様に
    心から感謝の気持ちでいっぱいです。

    ありがとうございました!!!!

    20171231121230842.jpeg


    そして皆様、どうぞ健やかに良き新年をお迎えください!!!!

    2018僕もがんばります。よろしくお願いしますー!







    台風の日曜日 - 2017.09.17 Sun


    台風18号が接近中…の割には全く静かな日曜日。
    もう鹿児島県に上陸したらしく、これから日本を縦断する予報だけど
    今はまだ全くの無風、雨なし。

    外は暗い森の湿った気配。窓を閉め切ってシャットアウトしてるとほんとに
    シーンと空気が止まってしまうけど、これが妙に気持ちが落ち着いて
    居心地悪くなくて。こころがペターっとして手だけが動いている、目的に
    向かって淡々と。そんな感じ。

    木工作家にもいろんな人がいて、いつも一定のテンションでコツコツ作るタイプの
    人なんかは、きっととても物作りに向いているのだ、僕などは、あれこれ気が多いし
    気分屋で熱中して勢いで体力の限り突っ走り、、、少なくとも良い職人ではない気がする、、
    まぁでも仕方ないね、きっと生まれつきの資質だから、、きっとそれなりの良さもあるさ、、、
    なーんてことが頭の中にぼんやり浮かんだりもして。

    でもね、やっぱり長いこと物作りをしていると、こんな落ち着いたテンションの日だってあるし、
    コツコツと仕事が進む時だって意外とあるのだ。
    職業ってすごいなと思う。毎日やってるうちに心も体つきも適応させてしまうんだなぁ。

    たぶん自然素材の手仕事ってみんなそうだと思うけど、
    木工の技術は素材である木の性質に対応しながら洗練されてきたということを、
    毎日木を切ったり削ったりしながらつくづく思う。
    例えば、組み立てるときのホゾと穴はキツめに作って叩き込むと繊維が圧縮されて組まれる
    からとてもしっかり接合される、とかね。これはキツ過ぎると割れちゃうので、よく木を見て
    ね、硬い木は組み入れる前にげんのうで叩いて圧縮してからするとか、樹種によって、また
    同じ丸太でも繊維の状況は場所ごとに違うので、本当に一つ一つの工程を木の状況に合わせて
    加減しながらやっていくことが要求されたりとか。

    確かに面倒な素材ではあるけど、そういった木の特性に合わせて完成した技術や、熟練した
    技術者が木を見て一瞬で特性を見抜く勘、あるいは美的センスが、一つひとつの木を見れない
    量産方式では決して作ることができない丈夫で長持ちする、そして美しい作品を作り出す
    ということは、まだまだ現実としてあると感じてる。
    事業化されて量産方式が持ち込まれて作られた木の家具は見たらすぐ分かるし、
    値段の安いものについては、5年後には間違いなく粗大ゴミになりそうな酷いものもよくあります。
    何十年もかかって育った木が、ほんと勿体無いよね。


    201709171722425f1.jpg

    セパレート飾り棚の上置きが倒れないよう、また上下の伸縮の差に対して動くように、送り蟻で
    接合することに。これはその下準備で電球の熱で雇い蟻の取り付けホゾを縮めているところ。
    このあと玄能で叩いてさらに縮めてから打ち込みます。それでちょうど良いキツさになるように
    作ってあるのだけど、こういう技術を普通に使ってるのって今や工房の家具作家たちくらいのもの
    だろうね。こんな木工の文化がこの先も引き継がれるように、そのためにはこの手間に見合った
    魅力のあるいい家具を作らないといけないってことだね。おーっし、がんばろっと。








    9月。まだまだ暑いけどやっぱりもう夏とは違う… - 2017.09.09 Sat

    9月になったとたんに、一気に秋らしくなったように感じませんか?
    そうでない年もあるように思うので、今年はたまたまそうなのかなぁ。

    左手の手術後、まだ握力が元に戻らずもどかしいですが、いずれ回復すると
    検診では言われているので、焦らず淡々と気をつけながら製作を続けています。

    スピードダウンを補うべく工房に泊まり込んでの製作も週に何度か。

    夜なべをちょうど切りのいいところで終わらせずに、翌朝一番の作業を
    前夜の続きから始めたりするほうが、ちょうどいいウォーミングアップになる
    というのは、昔家具製作の会社で修行してた時先輩の職人さんたちから
    学んだちょっとした工夫。
    翌朝や休憩のあとなど、いきなり次の工程から始めるより勘違いや失敗が
    少なく能率的に次に進めるのです。やってみるとなるほどと思うことが、
    手を使うものづくりの仕事にはたくさんあるように思う。そういうのも
    一つひとつ、おもしろいなと感じるこの頃。




    この日の朝は日の出前に起き出して、鉋がけから始めました。
    まず刃を研いでからなんだけど、水に手を触れながら静かに集中していく
    のを感じて身体を動かしていくのは気持ちいいな。


    2017090814000084e.jpg

    支給された杉材でシェルフを製作中なのだけど、割れ、腐食、虫穴がもう
    たくさんあって補修だけで相当な時間がかかっちゃっています。
    これは接着剤と木の粉を練り合わせてパテを作って、穴を埋めているところ。
    補修はどうしたって目立ってしまうので、予め木使いを考えて木造りする工程で
    見えないところ、目立たないところにアラの部分を持っていくことが先ずは
    大事なんだけど、アラ対策じゃなくても木目の流れやバランスもあって、
    木取り工程は本当に時間がかかる。でもそこに時間をかけてあると、
    やっぱり出来上がったものの雰囲気が違う、、と思う。同じデザインのものを作ってもね。



    20170909115715b18.jpg

    これもまた別の仕事で作った杉材のドア。いい色の綺麗な柾目を接ぎ合せた無垢の板の建具。
    フレームで組んだものより木の存在感は、やはり圧倒的にこっちの方があると感じる。
    シンプルだけど気を使う部分が多くて時間がかかるし、材料も選ぶし、組んで作る建具よりも
    費用がかかることは多いんだけどね。


    ここはようやく完成が近づいた、地元材を使った家具や小物などの生活具を扱うお店の
    エントランス。もちろんこの杉材も取っ手の山桜も、三重県産の木。


    まだまだ年末までパンパンの製作予定。作って作って作りまくるよ。おっし。




    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    プロフィール

    Yoichiro Yuda

    Author:Yoichiro Yuda
    家具工房NEW FOREST
    木工職 油田陽一朗
    〒514-2104
    三重県津市美里町家所4324
    TEL/FAX:059-279-3887

    カテゴリ

    家具工房NEW FORESTについて (1)
    作品の紹介 (0)
    テーブル (14)
    椅子 スツール (12)
    ベンチ (3)
    ワークデスク (2)
    キャビネット チェスト (7)
    TVボード (2)
    シェルフ (3)
    ベッド (1)
    その他 小物 (6)
    製作雑記 (55)
    四方山Essay (19)
    イベント (30)
    Volvox (17)
    未分類 (0)
    プロジェクト (1)

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2カウンター

    QRコード

    QR