topimage

    2017-11

    ハンガーラック - 2015.07.27 Mon



    ハンガーラックを作りました。
    ちょっと変わった形状をしているでしょ。

    左の桟が並んでいるところにはズボンを半折にして掛けます。
    小物を掛けるフックや、引き出しを付けるところなど、注文主の
    方からのリクエスト通りに出来上がり、先日お届けして来ました。

    素材も新築の家の床材と同じもので、とのご要望で北米産メープル材
    で製作しました。この白くて硬質な感じは日本の木にはないもの。
    涼しげで今の季節にはピッタリだったかもね。

    部分的に色のある欅を使ってアクセントにしてあります。
    この辺りはよくやる自分好みのやり方で。


    20150727172646587.jpg

    20150727172645730.jpg








    スポンサーサイト

    かじまや、の引戸 - 2014.06.22 Sun

    風車で…かじまや と読むんだって確か以前にも聞いたような、いや絶対に聞いてるはず、
    なのだけど、かじまや? あぁ、風車に「や」は屋?家? なんてまた言ってしまう、、、
    仲良しのあっこちゃんところの屋号なんだからちゃんと覚えておかないと失礼ですね、うん、
    もう大丈夫だと思うよ。

    お店の内装はまだこれから。
    セルフビルドで作る! からこのお店で美味しいご飯を頂くのはもうちょっと先になりそうです。

    開店の時はまたここでもお知らせすることにします。
    もう一週間ほど前になりますが、shu 建築設計事務所の設計による外も中も杉板張りのとっても
    気持ちいい自宅兼お店が先ずは完成してお店の入り口の引き戸をやらせてもらいました。

    これも杉板ですが、ちょっと迷ってから紺色にしました。
    あっこちゃんにもshuさんにも気に入ってもらえてとても嬉しかった。
    自分としても今1番好きな感じに出来た!と思ったのでした。

    20140622085553ef5.jpg




    300年・・ - 2013.04.15 Mon

                  R0015858_convert_20130401180959.jpg


    この時計は10年ほど前に丸太で買ったミズナラの大木の幹に付いたコブの部分で作ったもの。

    その年輪を数えたら樹齢はざっと300年を超えていた。

    300年・・・

    口で言うのは簡単だけど。

    はめ込んだムーヴメントが刻む秒針の動きをしばし眺めてみる



    あの小皿たちも・・・ - 2012.12.18 Tue

                R0015237_convert_20121218091935.jpg
                小皿 内径100×外寸125 オイル、拭き漆など ¥2,000~


    このかわいい小皿たちは先ず真っ先に作った本人が愛してしまっていて、当初、工房のショップに
    並んだのが“いまひとつな反応”だったことに少なからず落胆したこともここに記した覚えがありますが・・

    いやぁ~、やっぱり信じれば届くんですね~(笑) じわじわと人気が出てきて、このところせっせと
    作っています。

    とても嬉しい・・・

    茶托にされる方もいらっしゃいますが、製作者としてはあくまでも小皿、です。
    ピーナッツやアーモンドを、お饅頭やおむすびを。 あ!このシルエットから見ても おむすび小皿、
    スモールオムスビプレート、なんて命名しましょうか!!



    阪井先生の額 - 2011.10.06 Thu

    RIMG0055_convert_20111006103642.jpgRIMG0059_convert_20111006103826.jpgRIMG0061_convert_20111006103932.jpg


    阪井先生は阪井友子さんという松阪市在住の七宝、彫金作家さん。
    アクセサリー類とこのプレート画で素敵な作品群を形成して精力的に製作と個展の活動をされています。
    写真の作品はこの秋の個展に向けた新作で、“木工作家の額でいっぺんしよかと思て・・”という新しい試み
    で僕のところに製作依頼がきて光栄にもコラボさせていただいた三点です。
    では、ささやかながらここで個展の紹介を。

          
             阪井友子展 part Ⅲ (七宝、彫金、ジュエリー)
                       銀座ギャラリーおかりや 11月9日~14日

    なにはともあれ、銀座だからね。 作品をお預かりしてまず、にらめっこすること数日・・
    拭き漆でシリーズ的にまとめようと決め、それぞれにあった木を選んでサイズ、バランス、
    木地の仕上げ方法、漆と混ぜる顔料の色合い、などなど・・ 緊張感も楽しみつつの製作道程を経て、
    なんとかこちらも “僕らしい” 木工の作品に仕上がり、いざ納品。

    阪井先生とは、この春先からのお付き合いだからまだ知り合ったばかりなんだけど、ハイキャリア
    作家で、しかもずっと・・(あ、いや、ほんのすこしだけでした!!) お姉さんにもかかわらず、
    いつも気さくに いろんなおもしろい話をあけっぴろげに聞かせてくださり、明るくて元気で
    とても魅力的なひとだなぁ、素敵だなぁ、と思う。

    納品の日は、どれもとてもいいよ!、と気に入っていただきお昼をご馳走になりました・・
    だから褒めているわけではもちろんありません!!


    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    プロフィール

    Yoichiro Yuda

    Author:Yoichiro Yuda
    家具工房NEW FOREST
    木工職 油田陽一朗
    〒514-2104
    三重県津市美里町家所4324
    TEL/FAX:059-279-3887

    カテゴリ

    家具工房NEW FORESTについて (1)
    作品の紹介 (0)
    テーブル (14)
    椅子 スツール (12)
    ベンチ (3)
    ワークデスク (2)
    キャビネット チェスト (7)
    TVボード (2)
    シェルフ (3)
    ベッド (1)
    その他 小物 (6)
    製作雑記 (52)
    四方山Essay (17)
    イベント (28)
    Volvox (17)
    未分類 (0)
    プロジェクト (1)

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2カウンター

    QRコード

    QR